のぼりのポールについて

のぼりのポールには、プラスチック製で伸縮式のものが多く選ばれています。また、竹のデザインがしてあるポールもあり、使用すると和風のお店でも雰囲気を壊すことがありません。

のぼりを活用しよう!

のぼりのポールについて

お店ののぼりを制作してから、掲げるのに揃えなければいけないものとして、のぼりのポールがあります。

のぼりのポールはプラスチック製のものが多く、使わない時にコンパクトにしまえるような2段、もしくは3段の伸縮式になっています。

のぼりはたたんで保管できますが、ポールは長いままだと保管しにくいですし、こういった伸縮式のポールを選ばれるお店が多いでしょう。

ただ、中には和風のお店などで外観の雰囲気を壊さないために、プラスチックではなく竹のポールを使いたいと思っているお店もあると思います。

本物の竹を使用してもいいのですが、使わない時には長いまま保管することになりますので大変ですよね。

そんなお店のために、竹の絵がコーティングされたポールというのも販売されており、パッと見では本物の竹のように見えるポールで、ジョイント式のものは保管時に抜いてコンパクトになります。

このような商品を活用し、お店の雰囲気に合わせて、ポール選びにもこだわりたいところですね。

また、のぼりを出すのに心配なのが、風によってせっかくののぼりが擦れ上がったりして、デザインが見えなくなってしまうことです。

そんなのぼりの擦れ上がりを防止するパーツも販売されていますので、一緒に購入すると良いでしょう。